多摩地区とその他の地区の霊園の価格相場比較

多くの方がいずれは納まることになるお墓ですが、残された方が購入するのに悩んでしまうのもお墓です。お墓というと決して安い買い物ではないだけに、できるだけその費用を抑えたいと思うことが一般的であり、購入する前にできるだけ多くの正確な情報を掴んでおく必要があります。まず大前提としてお墓の購入費用には3つ必要な費用があります。永代使用料、墓石代、管理費です。墓石代はわかりやすいかと思われますが、文字通りお墓自体の費用です。永代使用料はいわゆる土地代ですが、お墓の購入とは実際にその土地を購入するわけではなく、その土地を半永久的に使用する権利を得ることを指し、その際に発生するのが永代使用料です。実際に土地を購入するわけではないので税金はかかりませんが、代わりに管理費が発生します。

全国平均よりも購入費用が高い東京都と神奈川県

気になるお墓の購入費用ですが、全国的に見ると東京都と神奈川県の人口密集地域は非常に高くなっています。特に東京23区となると日本で一番高い地域として知られており、地域によっては総額で1000万円近くかかる場合も少なくありません。これはもちろん地価が高いことが要因ですが、なかなか一般家庭がお墓の購入に1000万円もかけられるものではありません。全国平均の相場からみて神奈川もかなり高い地域となっていますが、東京23区ほどではありません。横浜や多摩エリアの霊園の相場を調べてみると、500万円以上する場所は全体の2%程度で、平均で200万円から300万円程度であり、東京23区の相場から考えると同規模の面積のお墓で約4分の1から5分の1で購入することができます。

多摩エリアがお墓購入の人気な理由

多摩エリアの霊園が人気である理由は、先に述べた購入費用を抑えることができる点以外にも挙げられます。まずその交通アクセスです。東京と隣接していることと副都心として人口が密集している地域であることから、電車やバスなどの公共交通機関がよく整備されている上、さらに高速道路もあるので自家用車での訪問も可能です。たとえ東京23区に住んでいたとしても、短時間で訪問することが可能なエリアと言えます。また、観光地や繁華街が点在しているので、食事や買い物などの利便性にも優れています。そのため、買い物や食事のついでにお墓参り、お墓参りのついでに買い物や食事などが可能です。他にも理由として、霊園が自然の緑に囲まれた地域にあることが多いので、お墓参りを静かな場所ですることができオススメです。